【エッチ小説】ゆっくりラブラブ、極上ラブタイム~聖夜と媚薬と、彼女。(5話)

【エッチ小説】聖夜と媚薬と、彼女。

 ……身体が、だるい。
 思い返せば、

 ――こんなに激しいエッチ、すごく、……久しぶりだったような気がする。

 息が熱い。
 胸の鼓動が、落ち着かない。

 ひとひらの旅 旦那に内緒で不倫旅行[最終章]

「いつもより、感じてたでしょ?」
「ば……かぁ、」
「こっちも、いつもより凄く……感じてたよ」

 おでこにそっとキスされる。
 頭をふわふわ撫でられる。
 ぎゅっと抱きしめられて、私も彼を強く抱きしめた。

 いい、匂い。

「感じてる顔、可愛いよ。いっぱい見れて良かった」
「もう……こんなの、ダメ、なんだからねっ」

 恥ずかしくて、顔の胸に顔を埋める。
 こんなに煌々と明るい所で何て、そんなの、思い出すだけで恥ずかしすぎる。

「えー……いっぱい視れて、こういうの、好きだなぁ」
「だって、恥ずかしいもん……」
「じゃあまた、アレ、使えばいいじゃないか」

 

 言って彼は、ベッドサイドにあった例のラブコスメ――ラブリューイルを視線で指し示す。
 確かに。
 確かにまだ、私のあそこ、とっても、火照ってる。
 こんなに夢中になっちゃって。気持ち良すぎて、どうでもよくなっちゃって。
 こんな体験、初めて。
 彼とこんなに深く繋がれて、

 ――本当は恥ずかしいけど、とても、幸せ。

 僕とあさ美の甘~い性活 小川あさ美

「それは、そうとさ」

 彼がラブコスメに手を伸ばし、急に私に覆いかぶさってくる。
 きゃっ、と、小さく悲鳴が漏れる。
 悪戯っぽく笑う彼と、目が、合う。

「もう一回、しようか」
「えっ、まだ終わったばっか……、」
「今日はゆっくり愉しみたい、って言ったよね?」

 ああもう、逃げられない、か。
 仕方ない……よ、ね。

 諦めて私は、彼の首筋に両腕を伸ばして、彼をぎゅっと引き寄せた。

イメージ動画(完全無料、登録不要です♪)


【0円でスグ視聴】官能動画15万本以上♪ テレビCMでお馴染みのDMM
>スマホで見る場合はこちらをクリック!