【エッチ小説】赤ちゃんのできるところに、精液をオネダリ~院内恋愛、看護婦の彼女。(25話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

「こんなところでイきたいの? 君、やっぱりヘンタイだね?」

 囁かれて、耳を、舐められる。
 その生暖かさに、私の全身がびくんっ! と飛び跳ねた。

「可愛いよ」

 ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ! と、先生がリズムを落として、でもより深く力強く、私の一番奥を責め立ててくる。
 その度に、子宮の入り口に彼のペニスの先端が当たって、欲しい、という気持ちが強くなってしまう。

 欲しい。
 もっと、欲しい。

 彼のぬくもり、セックスの快感。それから――、

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(25話)

「じゃあ、ご褒美。……そろそろ、欲しい?」
「ほ……し、いっ……んっ!」
「何が、欲しい?」

 そんなの、わかってるクセに……!

「何が、欲しいの?」

 言わないと、止めるよ?
 そう言わんばかりに、彼から与えられる刺激が、一瞬緩くなる。

 脅迫病棟 一度の過ちで墜ちてゆく白衣の天使 山本梨果 動画を見る

 思わず自分で腰を振ろうとしても、押さえつけられて、許してもらえない。

 頭が考えるより先に、本能的に叫んでしまっていた。

「せい……ぇきっ! せーし……ほし……いのぉっ!」
「どこに、欲しいの?」
「せんせ……お願いっ! 精液、ほし……ぃっ!」
「だから、どこに?」

 ココでしょ?
 下腹部を撫でられる。
 子宮のある辺りをゆっくり撫でながら、先生は私の言葉を待っている。

 そんなの、恥ずかしい。
 でも、それより……もう、欲しくて欲しくて、我慢することなんて、できるはずがなかった。

「……の……きる、……ろ……、」
「ん? 聞こえないよ?」
「赤ちゃん……のっ、できるところっ……!」

 不意に、先生の手が、私の頬に触れる。
 振り向かされて、そのまま、目が合う。

「もう一度、言って?」

 ……っ、

「赤ちゃんのできるところに……先生の、……先生の、精液……っ! 欲しいのぉっ!」
「……ほら、ちゃんと言えるじゃないか」

 Face to Face 4th season 動画を見る

 舌を絡み合わせながら、貪り合うようなディープキスを交わす。
 先生がピストンを再開して、腰が揺さぶられる度に唾液がぐちゅぐちゅと卑猥な音を立てて混ざり合う。

「んくっ……んっ……んっ、」

 私の喘ぎ声も先生の中に飲み込まれて、フェンスの揺れる音だけが外に向かってガシャガシャと響き渡る。

【エッチ漫画も♪】先生のエロボイスに翻弄されて…

黒医者と夜間触診
【無料立ち読み】黒医者と夜間触診
先生とラブラブな愛欲の日々を送っていたら、現れたのは――元カノ!?