【エッチ小説】Gスポットを責められて、イキながら激しいのをオネダリ~院内恋愛、看護婦の彼女。(24話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

 好きなの――。

 説明なんてできない。理由なんてわからない。ただただ、求めてしまう。ただただ、欲しいと思ってしまう。
 だから、先生に求められるのが嬉しくて。
 欲しい、と思ってもらえることが嬉しくて。

 好きだ、愛してるって。
 そんなこと、言われたら、

「私も?」
「す……きぃっ……ひあっ……!」

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(24話)

「よく、聞こえないよ?」
「あっ、はぁっ……んっ! ああっ!」

 もっと激しく後ろから突き上げられて、全身を揺さぶられて、言葉が言葉になって出て来なくなる。
 抜けるギリギリまで引っ張られて、そこから一気に一番奥へとぶつけられる。

 新人ナースのド変態SEX! 白石みお もっと大きく

 膣の奥の奥に、先生の男根が勢いよく当たる度に、息が止まりそうになる。
 何度も、何度も。
 苦しいくらい……。

「私も、何? ちゃんと、教えて?」
「あっ! ああっ! ふ……あぁんっ!」
「ちゃんと言えない子には、ご褒美、あげないよ?」
「あふ……っ……あっ! ああっつ! あ……っ、」
「ほら、早く……」

 やおら、私の片足を高く持ち上げて、貫く角度を変える先生。
 すると、ピストンされる度に、一番気持ちの良い場所に的確に先生のペニスが擦れるようになって、ますます立っていられなくなりそうになる。
 爪先がガクガク震えて、膝がかくんっと落ちる。
 その度に先生に抱えあげられて、執拗に責め立てられる。

「言うの? 言わないの?」
「い……っちゃ……」
「言う……じゃなくて、イクの?」
「あっ……、」

 現役NURSE 看護師みお(25歳) もっと大きく

 膣がきゅぅっ……と締まる度、アナルのバイブがヴゥッ……と重い音を立てて、締め付けに抗っているのがわかる。
 我慢しきれず、軽くイくのを止められないまま、うわ言のように繰り返す。

「……き……っ、す……き……あっ……す……きぃっ……」

 だから、先生……、

「も……っとぉっ……!」
「もっと?」
「イきたい……っ! いか……せてぇっ……! おねが……ぃっ……あぁっ!」

 もっと深くイキたいのに、先生に快感をコントロールされて、もう、おかしくなっちゃいそうだった。
 耐えられない。
 イきたい。
 先生が、欲しい。
 もっと、欲しい。

「おね……がいっ……!」

【エッチ漫画も♪】「黙れ……抵抗するなよ」

いいから俺のいうことを、聞け~ドSドクターにしてもらいたいコト~
【無料立ち読み】いいから俺のいうことを、聞け~ドSドクターにしてもらいたいコト~
アソコを診てくれたドクターは、イケメンだけど女心を全く解っていない無神経医師で……?!