【エッチ小説】屋上で、フェラ。こんな場所なのに、行為が止められない~院内恋愛、看護婦の彼女。(20話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

 こ……んな、ところで……。

 クラクラする。もう、理解が追い付いてこない。
 先生に連れられるがまま、屋上を囲うフェンスに背をつける。
 建物の下から勢いよく風が吹き抜けて、解放感に、ドキドキが止まらない。

 先生が、私の手をズボンのベルトに導いた。

 わかっているよね……?

 見上げると、優しい、でも、命じるかのような目が、訴えかけてくる。

 インモラル病棟 看護学生 淫行実習 動画を見る

 自分でも気づかないうちに、私は先生のズボンのチャックに指を這わせ――彼のモノを取り出して、しゃぶりついてしまっていた。

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(20話)

 屈み込んで、何度も何度も頭を上下させる。

 止まらない……。

 大きく開いた股の間から、下着の中に、リモコンバイブが落ち込んでくる。
 膣から抜けたそれが、下着の中でヌルヌル暴れ始めて、敏感になったクリが刺激されるたび、軽くイってしまうくらいの快感が突き抜けた。

ネモ
興奮覚めやらずそのまま青姦…

「ほら、もっと深く……きちんと教えただろう?」

 でも、先生の大きくて……苦しいの……っ!

 舌を遊ばせる隙間も無いほど、彼の男根で口の中を満たされてしまう。
 飲み込むことのできない唾液が、ポトポトと地面に滴り落ちている。
 息が、続かない。
 でも、

 ……でも、

「うん、いいよ……上手だ」

 甘い声でトロン、と褒められると、もっと先生に喜んで欲しくなる。
 私の口の中で、先生のソレが大きくなったり、ビクビクしたりするたびに、愛惜しさがこみ上げてくる。

「とっても、気持ちいいよ」

 頭を、撫でられる。
 そのまま、ぐっと根元まで押し込まれて――。

 白衣の天使と性交 絵色千佳 動画を見る

「――っ」

 苦しくて、息が出来なくて、喉の奥で咳き込んでしまう。
 ようやく解放されて、おもいきり酸素を吸い込んだら、頬を涙が伝うのがわかった。

「そういう顔も、そそるよね」

 そっと涙を拭ってくれる、先生。
 もっと私を感じてほしくて、再びペニスに口づけようとする。
 なのに、

「おっと。これ以上されたら、さすがの僕もイッちゃいそうだし。そうなったら、勿体無いだろう?」

 もったいない――?

「今日は全部、君の中に注ぎ込んであげないと。早く欲しいんでしょう? 君も――、」

 僕との、赤ちゃん。

 先生に抱き起こされ、されるがまま、今度はフェンスに捕まる形になる。
 ……否、誰かの、何かの支え無しには、もう立っていることすらできないほどの私は、フェンスに捕まる他しようがなかった。

【エッチ漫画も♪】ケダモノ外科医に「可愛がってやるよ」と…!

Dr.ケダモノとドSな花嫁
【無料立ち読み】Dr.ケダモノとドSな花嫁
「オレの顔を見ながら啼け」ドSドクターとドSナースの偽装結婚?!