【エッチ小説】病院の廊下で、感じる彼女~院内恋愛、看護婦の彼女。(16話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

 身体に力が入らなくなればなるほど、私のへたり込んだ身体は重力に引きずり込まれ、ローターに力がかかり、刺激が私のソコを直接とろかしてくるかのようだった。

 病院の廊下。
 何時、誰が通るかわからない場所で、私はうずくまることしかできずにいた。
 時折バイブレーションが小さくなって、やっと解放されたかと思うと、重い音を立てて体中を激しく震わせてくる。

 美人看護婦羞恥露出 白衣の天使と視姦デート 動画を見る

 いつ、どんな刺激で責め立てられるのか。
 それすらもわからない。
 大体からして、あんなに逃げたはずなのに、私は、どうして――、

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(16話)

「約束通り、ちゃんと零さずに、いられたのかな?」

 こつん、コツン、と。
 誰かが、廊下を歩いてくる音がする。

 私は廊下の最果てにへたり込んだまま、唇を噛んだままでその気配の方を見上げた。
 そこにいたのは――、片手に小さなリモコンを持つ、

「せん、せぃ……、」
「どうしたの? そんな潤んだ瞳で、見上げてきて。熱でも、出ちゃったのかな?」

 性懲りもない、セリフ。
 先生は私に見せつけるかのようにリモコンを掲げると、わざとらしく音を立てて、そのスイッチを切った。
 その瞬間、私の身体が解放される。

 

 ――はずだったのに。

 快楽の余韻のせいで、腰が抜けてしまってた。
 すぐには立ち上がることができない。
 にこにこと笑う先生が、ゆっくりと私の方に近づいてくる――。

「どれ、風邪じゃないかどうか、私が診察してあげようね」
「ぃやぁ……先生、ヤめて……っ」
「ん? どうやら熱は、無いようだね」

 先生のひんやりとした大きな手が、私の額に触れる。
 その瞬間、私のアソコで、両方のバイブが勢いよくうなり音を上げる……っ!

「あっ!」
「どうしたの? やっぱり、具合が悪いのかな?」

 童貞クリニック 2 動画を見る

 言葉では私を心配しながら、その瞳は悪戯っぽく輝いている。
 先生の右手が、白衣のポケットの中で、何かをかち、かちと弄っている。
 その度に私の秘部で太いローターが愛液を掻き混ぜ、後ろの穴で細いローターが私の抵抗する力を奪っていく。

 先生が、私を抱え上げる。

「――こんなところで、感じちゃってるの? 職場でアソコに、ローターを入れられて? 君、本当にどヘンタイだよね。今、仕事中じゃないのかい?」

 先生が、私の耳元で冷ややかな声色で囁いてくる。
 背筋が、震えるのを止められなかった。
 そのまま先生の太い腕にしがみ付くように立ち上がらせられ、私はその胸に垂れかかってバランスを保つ他やりようがなかった。

【エッチ漫画も♪】全裸で聴診器を当てられ……

愛囚†~養父に調教された少女~
【無料立ち読み】愛囚†~養父に調教された少女~
ドクターである養父に、アソコの音を聞かれ、オモチャで後ろの穴まで調べられ…。