【エッチ小説】とめどなく逆流する愛液と精液~院内恋愛、看護婦の彼女。(15話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

 むずむずする。
 くすぐったい。
 ヴヴンっ……という音がしきりに私の頭の先までをも震わせる。

「看護婦さん、大丈夫ですか?」
「だっ、……大丈夫、ですよっ!」

 下着がどんどん、びしょびしょに濡れていくのが嫌でもわかる。
 今にも床に膝を付いてしまいそうになる。

「ねぇ、なんか変な音、しない? ブーン……、って」

 病室にいる、誰かがそんなことを口にした。

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(15話)

 私は唇を噛んで、何度も息を飲み込む。
 今にも喘ぎだしてしまいそうになる――、

 セックスと制服 涼音沙雪 動画を見る

 恥ずかしい。
 恥ずかしくて、たまらない。
 誰かに気づかれたら、どうしよう、なのに、
 先生の悪戯は、止まらない。ヤめて、くれない。

 くぽっ……とまた、膣から空気の漏れる音が、私の耳に流れ込んでくる。

「変な音?」
「誰か携帯の電源、切り忘れてる人いるのかな」

 患者さん同士が、ひそひそとそんな話をしているのが聞こえてくる。
 私は残る理性を振り絞って背筋を伸ばすと、

「もうすぐ、夕ご飯ですから!」 
「あ、看護婦さ――、」
「また、来ますねっ!」

 振り切って、急ぎ足で廊下に出る。
 きっと変だ、って思われてしまったけど、あれ以上あの空間にいるよりは絶対マシに違いなかった。

 歩く時に、両膝を擦ってしまう。
 物凄く内股気味で、廊下を小走りしていると、時折足が縺れそうになる。

「お疲れさ――、」

 後輩の挨拶も全く無視して、私は急いで、どこでもいいから走り続ける。
 先生のリモコンの指令が届かない所へ。
 きっと離れれば、私の下半身で細かく震える二つのバイブは、止まってくれるはずだった。

 なのに、

「どうして……!」

 走っても走っても、刺激が、止まらない。
 ローターが、私の膣の奥ではがぐじゃぐじゃと泡立ち、後ろの穴ではヴウン……と低い音を立てている。
 どろり、と、またアソコから、液体が流れ落ちてくるのがわかる。

 僕のナースペット 海野ひかり 動画を見る

 何もわからずふらふらと走っていると、いつの間にか私は、廊下の突き当たりにいた。

「いやぁ……」

 思わずその場に崩れ落ちて、床にへたり込むと、床にぶつかったローターがもっと奥まで押し込まれ、私は二度と立ち上がることすらできなくなってしまっていた。

【エッチ漫画も♪】ドクターと、誰もいない診察室で…?!

暴君ドクターとご奉仕ナース
【無料立ち読み】暴君ドクターとご奉仕ナース
兄のように慕っている外科医。毎日、仕事が終わると誰もいない診察室に呼び出されて……!?