【エッチ小説】行為の後に、仕事に戻る彼女~院内恋愛、看護婦の彼女。(13話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

「体調はいかがですか?」
「今日は調子がいいんですよ」

 夕食前。
 あの後、フラフラになりそうになりながらも、何とか何気ないふりで仕事に戻った私は、入院して半年ちかく経つ初老の男性の様子を確かめようと、ある大部屋を訪ねて来ていた。

「昨日お孫さんがお見舞いに来てくださっていたからでしょうかね?」

 言葉を返すものの、
 ……ああ、ちょっと私、やっぱりぎこちないかも。

「そうなんですよ。久々にあの子の顔を見たら、早く退院しなきゃって思えてきて――……」

 嬉しそうに話してくれるものの、正直、若干上の空。

 朝から晩まで射精看護13発!白衣のフェラチオ天使 天使もえ 動画を見る

「……あれ、どうかしましたか?」
「っ、あ、いいえっ? それは、よかったですよね! 早く元気にならないと……あっ、」

 からんっ。と、軽い音を立てて、彼の枕元の小棚から、ボールペンが落ちた。

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(13話)

 私の様子を心配してか、顔を覗き込もうとしてうっかり、彼が棚の上に手を付いたみたいだった。

「あ、すみません!」
「大丈夫ですよ! 今拾いますので……、」

 床の上に転がったボールペンに向かって、身を屈めて手を伸ばす。
 その瞬間。

 どろり……と、私の下着の中に、生暖かい感触が広がっていった。

「っぁ……んっ」

 思わず、声が漏れる。
 その間もぬるぬると、先ほどの余韻が――私の愛液と先生の精液が混ざり合って、下着を超えてストッキングをびしょびしょにする。

 あれだけ執拗に、注ぎ込まれて。
 あの後も、ほとんど意識の無い中、もう一度注ぎ込まれて。
 やっと解放された頃には、陽の色もオレンジ色になっていて。
 なのに……最後に、先生は……、

「看護師さん、具合、悪いんですか?」
「そっ、そんなことないです!」

 性欲処理専門セックス外来医院17 新設 激イキ科 超高感度ナース特集!編 動画を見る

 声をかけられ、ハッと我に返り、急いで立ち上がる。
 私はボールペンを元の棚に戻してあげると、

「でも、ちょっと昨日、夜遅くまで漫画を読みすぎちゃったかも!」

 我ながら下手くそな言い訳で笑顔を向ける。
 でも、その瞬間――、

 ずうぅっ……ズズン……っ、

「ひぁ――」

 下半身から、突如重い音と共に、細かくて激しい振動が突き上げてきた。

【エッチ漫画も♪】不機嫌なお医者様から「俺と付き合ってほしい」と…

暴君ドクターと甘濡れ初夜
【無料立ち読み】暴君ドクターと甘濡れ初夜
「合コンに来るような女は苦手なんだよ!」不機嫌に愚痴っていたイケメン医師から、なぜかその場で交際を申し込まれ……。