【エッチ小説】院内での子づくりを止められない、ドクターとナース~院内恋愛、看護婦の彼女。(11話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

 先生が、また固く大きくそそり立ったソレを、私の大きく開かれた秘部に触れさせる。
 先生の温もりが伝わってくる――。

「だめぇ……」

 もう、これ以上されたら……、仕事に戻らなくちゃ……、私、

「何がダメ、なんだい?」

 性欲処理専門 セックス外来医院9 真正中出し科 ひとりで50人の患者と生性交する人妻看護師の1日に密着!碧しの+シリーズ初のBEST盤付き 動画を見る

 ぐっと体重を落としこんでくる。
 私のソコいに先生のソレが付きたてられて、こぼこぼと音を立てて、白い液体が左右に漏れてくるのが見えた。
 でも、それは、先生の男根が半ば隠れるくらいで止められてしまって、

「っ……ぁあ、」
「あぁ、そろそろいくらなんでも仕事に戻らなくちゃ、って?」

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(11話)

 先生が、やおら部屋の時計を仰ぎ見る。
 既に私が呼び出されてから、ゆうに三十分は経過していて。……ああ、きっと私、皆にどこに行ったんだろうって、探されちゃってる。
 でも、

「まさか仕事中に、男と子づくりしてる、なんて、誰にも言えないしね?」

 じゃあ、やめよっか。
 笑う先生が、私から自身を引き抜こうとする。漏れ出た精液が、再び私の膣に吸い込まれていって――、

「最後までしてぇっ!」

 私の口から、理性とは真逆の言葉が飛び出した。
 正直、一瞬自分でも信じられなかった。
 こんなこと言うつもり、全く、無かったのに。でも、

 でも身体が、

「せん、せいっ! おね……がぃ、あっ!」

 言うことを、聞かない――!
 その瞬間、先生の全体重が、私の奥の入り口にぶつかってきた。

 白衣の天使と性交 妃悠愛 動画を見る

「――っぁああああんっ!」

 一気に奥まで貫かれ、我慢できずに再び叫び声をあげてしまう。
 先生はもう一度腰を引き、再び同じように私を奥まで貫いた。

「……ぁっ、はぁんっ!」
「そこまでお願いされちゃあ、仕方、ないよね」

 先生が動くたびに、じゅぶじゅぶ、ぬぷぬぷ、水音が角度を変えて響き渡る。

【エッチ漫画も♪】「黙れ……抵抗するなよ」

いいから俺のいうことを、聞け~ドSドクターにしてもらいたいコト~
【無料立ち読み】いいから俺のいうことを、聞け~ドSドクターにしてもらいたいコト~
アソコを診てくれたドクターは、イケメンだけど女心を全く解っていない無神経医師で……?!