【エッチ小説】精液を飲みたそうにヒクつく、キミのアソコ~院内恋愛、看護婦の彼女。(9話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

 一番奥に挿入されたままで、円を描くように腰を動かしてくる、先生。
 奥の方の入り口に、先生のモノがグリグリと当たって、

「っ……はぁ……っ」

 固く閉ざされたそこを、まるで、押し広げられてしまいそう。
 激しく突かれていた時とはまた違う快楽に、身体の奥底から、息が漏れる。

「そんなに甘く喘がれたら、余計に我慢できなくなっちゃうだろ」

 今度は唇に、キス。
 そのまま舌を捻じ込まれて、吸い取られる。
 ただでさえ続かない息が絡め取られ、意識がまた、持って行かれそうになる――。

 ラスト・グッバイ。 動画を見る

 口の中も、秘部も、同時に奥の奥まで犯されて、

「はっ……、」

 流れ込んでくる先生の唾液をごくりと飲み干す。

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(9話)

 先生に肩を強く抱きしめられて、少しだけ身を起こすと、繋がりが深くなる。

「かわいい……」

 唇を離される。先生と私との間を、透明な唾液の糸が繋いでいる。
 そんなサディスティックな微笑みに、反論する気力は、もう、無い。

「たっぷり、注ぎ込んであげる」

 自分の男根を奥まで飲みこんでしまっている私の秘部を、指先で撫でつける。
 とろとろに蕩けてしまって、境目が分らなくなっているそこを、まるで探るように何度も探られていると、

 ……ああ、もう、

「ほら、ヒクヒクしてきた」

 先生の言う通り、秘部が自然と収縮を繰り返してしまう。
 もう――止められない。

 あとはもう、絶頂に向かって上り詰めることしかできない。

 中出し◆ナースコール 上原結衣 DMMアダルト 動画を見る

「僕の精子が、欲しいんだろ?」
「ちっ……がぁ……、」
「ここは違う、なんて言ってないみたいだけどなぁ――ゴクゴク、沢山、飲みたそうにしてる」
「あっ…!」

 境目を弄っていた先生の指が、私のクリトリスの先っぽに触れる、
 その瞬間、身体がぴくりと飛び跳ねてしまって、反動で最深部をずんっと突き上げられる。

「あっ、あっ、あっ……んっ!」

 先生を締め上げるのと同じリズムで喘ぎながら、私は先生の背中にしがみ付く。

「いいよ、飲ませてあげる」

 腰を軽く揺すられ、その度に私の声の漏れる速度も速くなる。
 何度も優しく突き上げられ、

「たっぷり、注ぎ込んであげる」

 中出しマ●コ、くぱぁ。 咲乃柑菜 動画を見る

 その瞬間。
 クリトリスを、濡れそぼった指で甘く締め付けられ、

「あっ――ひぁああんっ……!」

 抱きしめる力よりも強く、私の膣が先生の男根を締め上げるのが、わかった。
 そうして、

「ひあっ!」

 子宮の入り口に、生ぬるい感触が広がる。
 入り口と出口の触れ合った場所から、先生のものが、たっぷり注ぎ込まれてしまって。
 まるでそれを零すまいとするように、――本当に、ゴクゴクと飲みこんでいるかのように、膣が何度も、収縮を繰り返す。

「だ……めぇっ……、」

【エッチ漫画も♪】冷酷無比なドSドクターに夜な夜な調教され…

ドSドクターの淫獄病棟~新人ナースはVIP専用奴隷~
【無料立ち読み】ドSドクターの淫獄病棟~新人ナースはVIP専用奴隷~
「おまえが失敗するのは欲求不満で気が散るからだ」フロアの担当医に、仮眠室のベッドで強引に組み敷かれて…!