【エッチ小説】先生のモノは、二人の味がする~院内恋愛、看護婦の彼女。(7話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

 奥まで先生に貫かれ、後ろの穴も奥までスティックローターに貫かれる――。
 それは、私にいまだかつてない快感をもたらしていた。

 何も言えなくなってしまって、白いシーツを両手で掴んだまま、声を殺して喘ぎ続ける。
 空気を吸い込むだけで、大声で気持ちいい、と、叫んでしまいそうだったから。

 なのに。

「君、今、アソコで感じているのかい? それとも……後ろの穴で、感じちゃってるのかな?」

 スイート・トラブル・ハウス番外編 充の旅立ち、そしてはじまり- 有馬芳彦- 動画を見る

 ぬぷっ……と、音を立てて。
 折角私の中で再び大きくなってきた彼自身を、あっけなく抜き去られる。
 思わず、あっ、という声が零れ落ちた。

 膣壁を隔てて、彼のモノで押さえつけられていたローターが、圧迫から解放され、ヴヴヴッ……と震える音を、強くする。
 身体の内側から、同じリズムで絶え間なく刺激され、尽きるところを知らない快楽に、理性を根こそぎ攫われそうになる。
 ……そんなことになったら、私は。

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(7話)

 私は、こんな真昼間の職場なのに、何も気にせず、喘ぎ声をあげて、先生を、求めてしまう。
 でも……そんなことになったら、

 どんなに、気持ちいいことなんだろう――……。

「ほら、ぼうっとしてないで。ちゃんとお掃除、して」

 現役ナースのお仕事 DMMアダルト 動画を見る

 先生は、私を足の方から抱きしめて横になり、私を上に乗せると、腰を振って、いきり立つ男根を、私の目の前に指し示して見せた。

 私の目の前に、私の愛液と彼の精液とで、白く汚れた彼の男根が、差し出される。
 先ほどまで私の中で、私をかき回していた、あの男根そのものだった。

「んっ……」

 鼻先に、私と彼との入り混じった香りを感じた瞬間、私は大きく口を開き、舌を這わせてしまう。
 
「ほら、またここ、溢れてきたよ?」

 先生がぐいぐいと、私のアナルの中に深く刺さったスティックローターを、抜き差しする。

 Mr.フレックス
アナル責めに使用しても…

 その度に、声が出そうになるのを抑え、私は更に深く、先生のモノを咥えこむ。
 喉の奥で吸い上げ、竿の部分を舌全体で包み込む。

 私と、彼の、味がする。

「アナルは、前の穴より、気持ちいいのかい?」

 後ろの穴でじゅぶじゅぶと抜き差ししながら、先生が私の秘部を、じゅるり! と吸い上げた。
 舌が私のクリトリスをちろちろと舐め、また溢れてきた蜜を、音を立てて飲み込まれる。

 飛び跳ねそうになった私の腰を、先生が押さえつける。
 でも、私は身体中の熱に浮かされ、足りなくなった空気を求めて、つい彼のモノから、口を離してしまう。

【エッチ漫画も♪】ケダモノ外科医に「可愛がってやるよ」と…!

Dr.ケダモノとドSな花嫁
【無料立ち読み】Dr.ケダモノとドSな花嫁
「オレの顔を見ながら啼け」ドSドクターとドSナースの偽装結婚?!