【エッチ小説】自ら腰を振って、セックスをおねだりする彼女。~院内恋愛、看護婦の彼女。(5話)

【エッチ小説】院内恋愛、ナースの彼女。

「よい子には……ご褒美」

 そういう先生の微笑みは、決まっていつも、私の知っている中で一番優しくて、甘い微笑みで。
 その微笑みを見るのが、大好きで、

「せん、せ……」

 Face to Face 3rd season 動画を見る

 ぐぐっと、抱きしめられて。
 つぷっ……と私の秘部に、ぬくもりと、違和感。

「あっ――はぁ……、」

 強く抱きしめられるほどに、私の中に、先生が深く、深く、侵入してくる。
 深く、深く。
 奥の奥の入り口に、こつこつと軽いタッチで、まるでキスを啄むかのようなリズムで、

「君は、可愛いすぎるんだ」

 先生が、私ごと体をゆする。
 その度に、あんっ、あんっ――と、声が出てしまうのを、止められなかった。

【エッチ小説】院内恋愛、看護婦の彼女。(5話)

「もっとほら、私に身を任せてご覧」

 繋がったまま、

「っ――ぁあっ」

 ぐるっと、体を回される。

 白衣の天使と性交 秋元美由 動画を見る

 いつの間にか私は先生の上になっていて、先生の顔に背を向けて、両足を大きく開いて、先生の……大きくそそり立った物を自分の中に咥えたままで、跨っていた。
 先生に顔を見られていないことが、ちょっとした安心になってしまって。
 ストッパーが、外れる。

 私は知らず、思いのままに腰を振り、

「あんっ、はぁっ、はっ、あぁっ……せっ、んっ、せぇっ!」

 その度に、じゅぶじゅぶと私の秘部が、泡を増すのがわかった。先生の下の毛が、私の愛液でどんどん湿っぽくなってゆく。
 今まで私と、先生と、繋がってはいても別々だったはずなのに、ぬるぬるとした体液に繋がれて、境目が、わからなくなる。

「せん、っ、せい、ぃっ!」
「しっ、そんな大声出したら、誰かに聞こえちゃうよ?」
「せんっ、せいっ!!」

 両足の間に両手を付き、私は体が火照るのに任せて腰を動かし、先生の固いモノに自分の愛液を擦り付けてゆく。
 ぬるり、ぬるっ、と滑るのに任せて、深く、腰を落とす。

 Face to Face 3rd season 動画を見る

「先生、おねがいっ、」

 お願い――!

「イかせて、くださいっ! 先生っ、お願、いっぃんっ!」

 もう自分が何を言っているのかも、わからなくなってしまった頃に、

「……仕方ないなぁ、わがままな子だ」

 先生が、ずんずんっ! と、私を揺さぶってきた。

【エッチ漫画も♪】ドクターとリアルお医者さんごっこ!

プライベート・ドクター
【無料立ち読み】プライベート・ドクター
先生は手の届かない存在。そう思って片想いもあきらめていたのに……!?