【エッチ小説】アナルセックスで初めての絶頂。二人同時にイって、抱き合って…~エロゲ好きアイドルの、彼女。(14話)

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。

<先生にズンズンされると……くぅんっ! あぁ、お尻、気持ちよくて……おかしく、 なっちゃいますぅ……ッ!>
「あっ、あっ、あっ、んっ、いくっ、いっちゃうっ、いくっ、いくのぉおっ!」

 エロゲのヒロインに負けじとはしたない声色で、彼女が叫ぶ。
 こんなマンションの一室で、昼間っから、誰かが聞いているかも知れないのに、

「だめっ、いくっ、いく! いく、いくぅ――っ!」

 激ピストン!大絶頂!大潮噴き! むっつりドスケベ美女「麻生遥」の超敏感Gスポット直撃!噴いて!漏らして!中イキしまくる!壮絶失禁エンドレスアクメ! もっと大きく

 前の穴からは太ももを伝って、透明な愛液がベッドに滴り落ちている。
 スカートにはベッとりと、先ほどの僕の精液でシミができていたけれど、もはや僕達にそんなことを気にしている余裕なんて、全く無くて。

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。(14話)

「ひあぁっ――、っん!」

 僕の根元を、これ以上無いくらいに彼女のアナルが締め付けてくる。
 そのキツさに、僕は思わず小さくうめき声を漏らし、

「いっ……ちゃうぅっ!」

 ぴくんっ! と、彼女の身体が跳ね上がった瞬間、僕も堪え切れずに、再び自身の欲望をコンドームの中へと解放った。

「……!」

 声にならない悲鳴の後に、二人で、尽き果てる。
 もはや膝をついてすらいられなくなって、うつ伏せに崩れ落ちる彼女と、彼女の中から自身を引き抜くことすらできずに、そのまま覆いかぶさる僕。

 っはぁ、はぁ、と、激しい息遣いが交差する。

 やがて落ち着いてきた頃、僕は彼女の両手を縛っていたストッキングを、ゆるゆると解いてやった。

「んっ……はぁっ……」

 焦点の定まらない瞳で、自身の束縛が解かれるのを眺めている彼女のアナルから、僕は自分の男根を引っ張り出した。
 ぬぽっ、……と音を立てて、白い液体が糸を引く。
 僕が最初にイった時に彼女にかけた、あの精液だった。

 ぶっかけ中出しアナルFUCK! 葵まりあ DMMアダルト もっと大きく

 コンドームを素早く処理し、ベッドの上でバイブが呻りを上げたまま放置されていたアナルパールのスイッチを切ると、まだ虚ろな彼女を、そっと抱き寄せる。

「君、すごく、ヘンタイだね……」
「ば……かぁっ、」

 ぎゅっと、抱きしめかえされる。

「じゃあもう、しなくていいの?」
「――また、し……たいっ」

 囁いて問うと、恥ずかしそうに僕の胸に顔をうずくめ、くぐもった声で応えが返ってくる。

「フツーのエッチと、どっちが、好き?」
「……あの、ね、」
「ん?」

 彼女の足が、僕の足に絡んでくる。

「両方、好き……ぃっしょに、されたい……」

 消え入るような、声だった。

アナルドラゴン
初めてのアナルなのにイっちゃった…「アナルドラゴン」体験談へ

「また、エッチなグッズ……通販する――からぁ……、」

 まだ、足りない――そう言わんばかりに、彼女の濡れた秘部が、僕の足に、愛液を擦り付けてくる。
 ……ああ、もう、

「この、どヘンタイアイドルめ……」

 でも、可愛いから、許してしまう。それに、……僕の方こそ、こんな激しい情事に、ハマってしまいそうだなんて、あまり大声では、言えないのだけれど。
 僕は身を起こし、ベッドの上に座ると、彼女を背中から抱き上げ、僕の胸に彼女の背中がぴったりと付くように座らせた。

「ん……っ、」

 本当は、さっきので今日は終わりにしようと思っていたのだけれど、そんな可愛い事を言われて、もう一度彼女のイく顔を見たくなってしまっていた。

【エッチ漫画も♪】マネージャーに仕込まれた淫らな罠?!

アイドルは性奴隷~枕営業100人を強要されました~
【無料立ち読み】アイドルは性奴隷~枕営業100人を強要されました~
売れるためになんでもする――アイドルを続けたい彼女に、マネージャーが命じたエッチな試練とは?