【エッチ小説】アナル処女を奪われ、初めての快楽に震えが止まらない…~エロゲ好きアイドルの、彼女。 (12話)

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。

 僕はぐったりとしている彼女の腰を引き寄せると、僕の精液で濡れそぼった彼女のアナルに、コンドームを被せたばかりの自身のペニスをあてがった。
 彼女を身体ごと、ゆっくり、引き寄せて、

「――っ、ひぁっ……ああっ!」

 休む暇など、与えない。
 入り口に、先っぽを塗りつけるようにゆっくりと円を描いてから密着させ、前の穴よりもキツイそこに――すっかりアナルパールで柔らかくなったアナルに、じっくり、じりじりと、いきり立ったモノを押し込んでゆく。

「ああっ……あっ、あ――んっ!」

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。 (12話)

「痛い?」
「いた――くっ、なぁっ! あったか……!」

 押し込む動きは止めずに、真ん中辺りでそう問うた。
 すると彼女は、先ほどのバイブ付きアナルパールよりも太いモノを挿入されているのにも関わらず、お尻を突出し、甘く声を上げる。

 アナル解禁 橋本怜奈 動画を見る

「あっ……たかぁ…、すごっ、いぃんっ! 入って、きてるぅっ!」

 ――最初は指で、次は玩具で。ゆっくりと慣らしてはきたけれど、それは、彼女にとっても僕にとっても初めてのアナルセックスで。
 じりじり、じりじりと入ってゆくのが、僕からはよく見えていて、まだ入らないというちょっとしたもどかしさが、僕のモノをさらに固くしてゆく。
 すごく、狭い。更にゆっくり、じわじわと進めてゆく。
 彼女が、身をよじる。

「ふっ……ぁあああんっ! あったか…! ぃっ、のぉっ!」

 声を上げた瞬間、力が、緩んだ。
 その隙に僕は、一気に自分自身を根元まで押し込んだ。

「――っ!」

 ずんっ、と、彼女を突き上げる。
 ようやく最後まで、僕を受け入れてくれた彼女を背中から抱きしめると、

「……痛く、無かった?」
「うご……ぃ、てぇっ!」
「ダメだよ、初めてなんだから、少し、慣らさなくちゃあ」
「あったかい……よぅ――、」

 与えられた快楽のあまりにか、少し泣きそうな声色で彼女が息を飲む。
 ――無理もない、の、かも知れない。

 実はこんなことのために――初めてのアナルセックスのために買ってきたわけじゃあ、なかったのだけど、

「じん――わりっ、するぅ……は…ぅっ!」


まるで媚薬が塗ってあるみたい…「グラマラスバタフライ・ホット」体験談

 女性の中に入ると、じんわりと暖かさが広がるらしい、コンドーム。
 そんなものが売っていたから、今日ナイショで使ってみようと思って、買ってきていたのだけど。
 効果はどうやら、まるで媚薬のごとし。
 いくら慣らされていたとはいえ、もう痛みも無いらしく、時間が経つほど我慢できなくなってきたらしく、震え始める彼女。
 初めてのアナルセックスで、

「もう、動いてほしいの?」

 まさか、そんな風にオネダリされるだなんて――。

【エッチ漫画も♪】「何回でもイかせてやるから」

姫ギミック! ~絶倫男の娘たちの快感お世話係~
【無料立ち読み】姫ギミック! ~絶倫男の娘たちの快感お世話係~
大好きなアイドルグループの寮で寮母のアルバイトをすることになったけど、その仕事とは、性欲を止められない彼ら――絶倫ケダモノたちの夜のお相手で?!