【エッチ小説】四つん這いでアナルローターを見せつけながら、淫語の読み上げを命じられ…~エロゲ好きアイドルの、彼女。(9話)

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。

 彼女のアナルに、最後の一粒まで、丁寧にパールを押し込んでゆく。

「……っは――、」

ローター好きなあなたへのおすすめアナルパール
ぶるぶるビリビリ…「ローター好きなあなたへのおすすめアナルパール」

 最後の一粒を受け入れる頃には、彼女はアナルの奥から与えられているバイブの振動に、どうやら快楽を感じているようだった。
 先ほどまでの少し苦しそうな表情はどこへやら、時折息を乱しながら、ぴくぴくと身を震わせ続けている。

「……最後まで、入ったよ」
「んっ…、」
「さあ、四つん這いになって見せて」

 そのまま放っておけば、一人でイってしまいそうな彼女の腰を抱き寄せ、足に力が入らないのに、無理やり四つん這いにさせる。

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。

 ガクガクする両足と、ストッキングで拘束された両腕の三点で、必死に自分の身を支える彼女。
 その危うい姿に、僕は正直、今すぐにでも自分の男根を突き立ててしまいたかったけど。

 僕はテーブルの上からノートパソコンを持ってきて、彼女の目の前に置いてやる。

「さあ、読んで」
「……や――ぁっ!」
「じゃないと、今日のエッチは、ここで、おしまい。……アナルに入っている大人のおもちゃは、自分で、抜いてもらうよ」
「あっ! ぃ…やぁっ……」

 共犯関係 この世でいちばん罪深い僕ら

 胸の頂を、軽く摘まんでやる。

「……いいの? ヤメても?」
「きっ、禁断の秘孔へ……っ、あんっ!」

 たどたどしく、画面の凌辱エロゲのテキストを読み上げだす。
 彼女は時折、おそらく無意識の内になのだろうけれど、穴から出ているコントローラーを僕に見せびらかして主張するかのように、お尻を左右に振っている。

「ほらっ、続き! ちゃんと読んで」
「ふっ……ふとっ、太い――肉棒を受け入れる激痛と違和感、にぃ……っ、ナオミは――、」

 催促しながら、自身のズボンのファスナーの間から、すっかり昂ぶってしまっている自分のペニスを取り出した。
 そっと、彼女の空いている方の穴に、あてがい――、

「ナオミは耐えきれずっ、悲鳴をあげたぁあんっ!」

 ~肉贄生徒会~美姉妹屈服~常夜組 DMMアダルト

 一気に、突き立てる!
 彼女の後ろの穴を犯すバイブの振動が、僕の肉棒にもじんわりと伝わってきて、すぐにイってしまいそうになるのを、必死に我慢する。

 ともすれば僕の方こそ快楽を貪りたくなるのをこらられるほど、もう少し、彼女を焦らしてやりたいという気持ちの方が強かった。

「ちゃんと、読んで!」
「極限まで……拡げっ、られたぁ――っ、排、泄肛が……ぁんっ!」

【エッチ漫画も♪】人気アイドルの家庭教師をすることに?

気まぐれ王子はケダモノ~ドSアイドルと家庭教師の淫らな秘密~
【無料立ち読み】気まぐれ王子はケダモノ~ドSアイドルと家庭教師の淫らな秘密~
ある日彼に「人気アイドルに犯されるなんて」と乱暴に服をはだけられ、下着ごしにアソコをさわられてしまい…?