【エッチ小説】両手を縛られて、アソコにアナル用のパールを挿入されて…~エロゲ好きアイドルの、彼女。(5話)

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。

 彼女のストッキングを下着ごと全て脱がせると、既に濡れてしまっている彼女の秘部と下着とを繋いでいた透明な糸が、音も立てずにふっと切れる。
 ベッドのシーツにうっすらとその跡がついて、

「……まだ何もしてないのに、びしょびしょじゃないか」
「やだっ! 昔はっ、そんなこと言わなかったじゃないっ、」
「だって、言ってほしいんじゃないの? コウイウコト」

 恋するサプリ 3錠目 ―不器用なカレ― もっと大きく

 なんて、ちょっと意地悪を言う。
 ――そりゃあ、昔、は、僕も"そういう経験"が無かったわけだから、型通りに、フツーなセックス、しか、できなかったけど。

 もうそれから、何年経ってるって言うんだ。

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。(5話)

 それに、ちょっと変わったことをしてみたい、というのは、きっと彼女だけじゃなかったわけで。
 というのも、誘われてみると、僕も割と……いや、かなり、乗り気になってしまっていて。

「あっ……こら、何する――!」

 ふと思いつきで、彼女の両手を、脱がしたばかりのストッキングで縛り上げる。
 そうして、彼女が通販してしまったという、例のバイブ付きのアナルパールを、

「ひゃ……あんっ!」

 一つ、また一粒……と、彼女の後ろの穴に、ではなく、秘部の中へと押し込んでゆく。
 透明な愛液が、粒を押し込む度に身体の外へと流れ出てきて、僕の指を濡らし、彼女自身の太腿を汚してゆく。

ミニ電動アナルパール
一粒一粒ゆっくりと飲み込まれて…「ミニ電動アナルパール」体験談

 つぷん、つぷつぷ……と、受け入れていく様をじっくりと眺めていると、入り口がひくひくと疼いているのがわかった。

「あっ――あぁ……んっ」

 根元まで、埋め込んで。
 手元のスイッチを入れた瞬間、ヴヴヴッ……と、彼女の奥の方で艶めかしく、バイブが蠢いた。
 徐々にバイブレーションの強さを上げていき、最強にしたところで手を離し、快感で震えだした彼女の拘束された両腕を掴む。

 本能的に、腰を振ろうとしているその上に乗り、

「はっ……ふぅん…、」

 舌を深く差し込み、唾液を交換しながらのキスをする。
 静かな室内に、バイブの震え続ける音と、二人の舌の絡み合う音だけが卑猥に響き渡る。

 無意識のうちに両足を大きく広げようとする彼女の足を、僕の両足で挟み込んで閉じさせると、バイブの振動が身体の中心に集中して、僕にも伝わってくるかのようだった。

 服のボタンを、外してやる。胸だけを露わにして下着のホックをはずし、

 カフェ店員さん 今日のお仕事は中出し交尾◆ ひなた DMMアダルト もっと大きく

「んっ……んくっ――っ!」

 胸の頂を、こりこりと刺激する。すでに固く熟れてしまっていたのに、指先で辱めるほど、ぴんっと立ってくる。

 ――ああ、なんていやらしい。

「っはぁ……、」
「君がこんな風に男に犯されてる姿、ファンが見たら、何て言うんだろうね?」
「――っ!」
「それとも、ファンの皆も、さ」

 耳元で囁き、耳たぶを甘噛みする。
 そのまま、首筋、うなじ、胸の間……と舌を這わせ、

「実はこうやって、君を犯すことを、考えたりもしているのかもね」
「っはぅっ!」

 指先で刺激していたのとは逆の胸の頂に、弱い力で噛みついた。

【エッチ漫画も♪】「俺相手だって構わないだろ」と押し倒され…

暴かないで×黒歴史~エリートさんと元アイドル
【無料立ち読み】暴かないで×黒歴史~エリートさんと元アイドル
ある時、別の取引先の担当に元アイドルだったことがバレ、枕営業を強要されそうになってしまい?!