【エッチ小説】本当は、もっと過激で刺激的なセックスがしてみたい…~エロゲ好きアイドルの、彼女。(4話)

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。

 ベッドの上に彼女を降ろすなり、その上から、覆い被さる。
 既にとろん、としてしまって、全く抵抗する気配の無い彼女。
 ――僕を受け入れる時を、ドキドキしながら、待ってるんだ。

 なんて、エッチで、可愛らしい。

「君はさ、またああいう、凌辱ゲームをやって、」

 ことゲームに関しては"悪趣味"な、彼女。
 最初はそりゃあ、そういう趣味の無い僕は驚いたし、彼女がゲーム好きだってことは知ってたけど、まさかそういうゲームをもやっているとは思わなかったから、びっくりは、したけれど。

 お尻えっち 進藤みく 動画を見る

「後ろの穴でセックス、することに、興味が沸いちゃったの?」
「だって……、ぁなたが、」

 視線を逸らし、彼女がぽつり、と言った。

「やさしい、んだもの――」

【エッチ小説】エロゲ好きアイドルの、彼女。(4話)

 優しい? 僕が? いや、男なら普通、こういうことを頼まれれば誰だって――、

「そりゃあさ……男なら普通に考えて、」
「違うっ! そうじゃないっ」

 少し不機嫌そうに、口を尖らせる。

「もっとその……っ、ぃろぃろ……色々っ、したいのっ!」

 ……あ、そっちか。
 つまり僕は、手ぬるい、と。そりゃあ良いことを聞いた。
 いいんだ、いろいろ、しちゃっても?

「へぇ――、イロイロ、って?」
「やだっ、これ以上、言わせないで!」

 ちょっと、泣き出しそうな声だった。――でもそれが、すっごく、可愛らしくて、たまらなかった。
 だから、僕は、

「つまりあんな風に、アナルプレイとか、してみたいんだ? 君は。それで通販で、お尻の穴に入れる玩具まで買っちゃうなんて、」

 ~肉贄生徒会~美姉妹屈服~常夜組 DMMアダルト

 パソコンの画面には、秘部に舌を這わされながら、後ろの穴を大きく広げられている女の子のイラストと、
 
<痛っ! 許してください! お願い! お願いぃ……ッ!!>

 苦しそうに、だが、気持ちよさそうに喘ぐ台詞が、表示されていた。

「アナル、ってさ、セックスする場所じゃ、ないんだよ? なのにそんなところを犯されて、感じたいんだね? 君は」
「はずかし――言わ……ないでぇ……、」
「あんな風に、喘ぎたいんだろ?」
「もっと……あなたを、感じっ……感じたいの――、」

 私の、全身で。
 ぎゅっと抱き着いてきた彼女。最後の台詞は、聞き取るのがやっとのほどの声音で、そう囁いた。

「……可愛いなぁ」

 スカートの下から、手を滑り込ませる。
 ストッキングごと、彼女の秘部を守る下着を下に向かってずらした瞬間、ぞくっ……と今までにないくらい、彼女が身震いする。

 お姉さん、オマ○コ舐めさせて下さい!!イッてもやめないクンニで悶えまくる素人娘たち 2 動画を見る

「ストッキング、濡れてるよ?」

 ゆっくりとずらしてゆくと、指先に、彼女の愛液の糸が絡みついてきたのがわかった――。

【エッチ漫画も♪】今度ベッドシーンの撮影が…

パーフェクトスキャンダル~ワケありな僕ら~
パーフェクトスキャンダル~ワケありな僕ら~
理性を保つので精一杯?!お互い気持ち良くなってきて……?