【エッチ小説】自分の愛液を、ちゅぱちゅぱ味わう彼女~先輩と後輩の、カップル。(9話)

【エッチ小説】先輩と後輩の、カップル。

「せん、ぱぁっ、いっ! っはぁん! ひぁっ――!」

 クリトリスの先っぽから、愛液よりもさらさらとした液体が溢れ出す。
 俺の指先から、彼女の太腿を辿り、静かにとめどなく流れてゆく。

 その間も、彼女の身体は何度もビクビクと震え、声を上げて絶頂を迎えている。
 秘部に入れた指が痛いくらいに締め付けられ、床には大きな水たまりができてゆく。

 超!!キモちE潮吹き 小島みなみ

 あーあ、

「こんなところで、潮、吹いちゃって……」

 責める指先はそのままに、耳元で意地悪く囁いてあげる。

「床、乾く前に誰か来ちゃったら、バレちゃうんじゃないの?」
「いゃあ! イくのぉっ!」

 ゾクゾクッ、と背中が震え、またイってしまう彼女。
 俺はアソコから指を引きずり出すと、びしょ濡れで糸を引く指先で、彼女の胸の頂をぬるぬると刺激する。

「抜かないでぇっ!」

 悲鳴に近い声。

「とまら……っ、なぁ、いのぉっ!」

 乳首をひとしきり濡らした後、そのままその指を、彼女の口の中に突っ込む。

「んくっ――、」

 ちゅぱちゅぱと音をたてて、自分の愛液に舌を這わせる。
 零れ落ちる潮の勢いが増し、ついに限界が来たのか、膝から力が抜けて何度か崩れ落ちそうになる。

 クリトリスから指を放すと、体内に残っていた潮が音を立てて噴き出した。
 俺は彼女のカウンターに乗っていた片足を床の上に下してやると、両手をカウンターの上に付けさせる。

 彼女のお姉さんは、誘惑ヤリたがり娘。 鈴村あいり

「っはぁんっ!」

 口から指を抜き、両手で突き上げられた白いお尻を左右に広げる。
 既に指を五本も受け入れて柔らかくなった秘部が、ぬらぬらと光って、男を呼び寄せているかのようだった。

イメージ動画(完全無料、登録不要です♪)


【0円でスグ視聴】官能動画15万本以上♪ テレビCMでお馴染みのDMM
>スマホで見る場合はこちらをクリック!