【エッチ小説】図書館の床に滴り落ちる、愛液~先輩と後輩の、カップル。(4話)

【エッチ小説】先輩と後輩の、カップル。

「せんっ……ぱいっ、だめっ!」

 ひゃぅっ、と可愛い声をあげて、彼女は言葉とは裏腹に、俺の頭を抱え込んでくる。
 もっとしてほしい。
 身体の方の正直な反応に、秘部をかきまわす指を二本に増やし、指の根元まで挿入し、

「んんっ!」

 お腹の側に指の腹を向けて、指の先をくの字に折る。
 そこには、少しコリコリとした柔らかい突起があって、

「だ……めぇええええっ!」

 ハレンチ中出し学園-男子を襲う誘惑痴女子校生- 柏木胡桃

 何度も左右に刺激すると、彼女が甘い悲鳴を上げ、両足を大きく広げる。
 クリトリスを吸い上げ、くちゅくちゅとわざと水音を立てて、聞かせてやる、

「っ――はぁっ!」

 彼女の座る古びた椅子が、ゆがんだ音を立てる。
 快楽をこらえきれずに、すっかり床から離れた足が、俺の肩の上に乗ってきて、

「はぁんっ、あんっ、あっ、ひあっ、あっ、あああああぁっ……!」

 ぐっと、彼女の足に力が入る。
 ぐちゅ、くちゅっ、ちゅくっ、ちゅっ……とかき回す指を更に早くすると、両足を大きく広げたまま、彼女が小刻みに痙攣を始める。
 そうして、

「あっ、あっ、いっ、い……あっ!!」

 びくんっ!
 と、今までで一番大きく身体を弾ませると、ぐったりと項垂れてしまう。
 俺の指を根元まで飲みこんだ秘部からは、止めどなく透明な液体が溢れ出し、椅子に愛液の跡を辿らせてゆく。

 滴が、床に落ちる。

 俺は休む暇もなく彼女を立ち上がらせ、貸出カウンターの上に片足だけを乗せさせる。
 彼女の腰よりも高いカウンターに無理やり足を乗せさせているのと、一度イってしまって力が抜けているせいで、彼女はどうやら身動きが取れなくなってしまっているようだった。

 中出しオマ●コを超アップで魅せつける世界 くっぱぁ~ドロドロドロ~ 蓮実クレア

 真正面に回り込み、ワンピースの肩紐を取る。
 胸を露わにして、少し乱暴に下着を外してやると、不安げな瞳で、先輩、と小さく零す彼女。

 俺はその胸をゆっくりと片手で揉みながら、もう片方の手で、彼女の右手を彼女の秘部へと誘った。
 少し抵抗する指先を、濡れそぼったそこへと誘い、押さえつける。

 舌先で、手で揉むのとは逆の胸の頂を、唾液で濡らしてやる。

イメージ動画(完全無料、登録不要です♪)


【0円でスグ視聴】官能動画15万本以上♪ テレビCMでお馴染みのDMM
>スマホで見る場合はこちらをクリック!