【エッチ小説】エッチなオネダリを強いられて、オナニーをしながら…~大学生チャットレディ。(12話)

【エッチ小説】チャットレディの、彼女。

 欲しい、って。
 奪ってやるよ、と求められて。
 意識が薄らいでしまうほどで、

「パンツ、ぐっしょりだね。それならもう、準備は……できてるね?」

 くちゃくちゃ、ぐちゃぐちゃ。
 クリトリスにも愛液を塗りつけると、先っぽがまるで彼のペニスのように、硬く勃起しているのがわかった。

「じゃあ、オネダリしてごらん?」
「はあ……ぁんっ、ほ、し……いっ…っ、ほし……」
「違うだろう?」

官能動画

 まるで、突き放すような声色。

「もっとちゃんと、オネダリしろよ……」
「い……れてぇ……っ、」
「そんなんじゃあダメだな」

 ゾクゾクするーー。

「一度だけしか言わないからな」
「あっ……はぁんっ……んっ……」
「私の処女マンコに、チンポくださいって、可愛くオネダリしてごらん?」
「いや……ぁんっ……」

 そんなの、恥ずかしい……。
 そんなこと、言えるわけない。
 私にそんなこと、言えるわけない……!

「んん? オナニーに夢中で聞いてなかった?」
「ち……がぁっ……」
「じゃ、オネダリしないの? それじゃあ今日は、ここまで……」
「いやぁっ!」

 首を、横に振る。
 アソコからどろっ……と、蜜が溢れ出す。
 責められれば責められるほど、いじめられればいじめられるほど、私の身体は快楽に溺れてしまう。

 官能動画

 こんなの、私じゃない。
 私は彼の言うような、そんな変態なんかじゃあ、ない。
 私は、そんなこと言わない。

「オナニーも止められないような変態のくせに」

 違う。

 頭の片隅で、理性が私を否定する。
 でも、指はずっと動いていて、入り口を弄られれば弄られるほど、何も考えられなくなる。

 快感。
 この、快楽。
 溺れたい。
 もっと、もっと深く……。

「じゃあ、早く言えよ」
「わっ……た、しのおっ……」
「ん? 聞こえない」
「わた、しのっ!」

アクメマックス
太いヘッドがGスポットを圧迫させて…

 バイブを、握りしめる。
 早く、挿れたい。
 早く、奪って欲しい。

 私の――。

イメージ動画(完全無料、登録不要です♪)


【0円でスグ視聴】官能動画15万本以上♪ テレビCMでお馴染みのDMM
>スマホで見る場合はこちらをクリック!