【エッチ小説】はじめての、バイブフェラ~大学生チャットレディ。(8話)

【エッチ小説】チャットレディの、彼女。

 彼に命令されるがままに、バイブに、手を伸ばす。

「こっちを向いて、ベッドに座ってご覧」

 まだ息も整わないまま、ウェブカメラの方を向いてベッドサイドに腰かける。

「バイブの先っぽを、舐めて」
「えっ……?」
「ほら、ちゃんと、舐めて」

 戸惑いながら、舌を出す。
 水色のバイブの先をぺろりと舐めると、つるつるとしていて、味のしないキャンディーみたいだった。

 女子校生 極太バイブオナニー VOL.01

「それがこれから、君の中に入るんだ」

 言われて、ドキっとする。
 そういう……ことなんだ。

「ちゃんと舐めておかないと、痛くなっても知らないよ? もっとヨダレを垂らして、ああ、それから――、」

 パソコンのマイクから、かちゃかちゃ、かさかさ、という音が聞こえてくる。
 すると、

「そのバイブを、僕のココだと思って」

 ココ。
 その言葉にパソコンの画面を覗くと、彼の下半身で、ぴょこっと立っているモノがある。
 時折ぴくんっ、と脈打ちながら、揺れている。

「歯を立てないで、深く、咥えて」

 それは――、
 そりゃあ、こういうアダルトおっけーなチャットレディをやっていれば、見たことが無かったわけじゃないけど。
 でも、それをソレだと思って見るのは、初めてといえば、初めてで。

 

「ほら、早く……」

 バイブに視線を落とす。

 これを、彼のモノだと思って……、それってつまり、フェラ、って、こと?

「今度は僕を気持ちよくして」

 彼の手が、彼のモノに添えられる。
 私もバイブを深く咥え、口の中で唾液を絡めながら、舌で舐めとってゆく。

 妻の秘密のアルバイト 自宅でチャットレディ

「っ――んっ、はぁ……っ、」

 なぜだろう、そうしていると、自然と息が荒くなるのがわかった。
 上手く息継ぎができなくて、バイブを握る手に、唾液が垂れて、私の指をびしょびしょに濡らしてしまう。

 バイブを胸の位置で押さえ、頭を上下に動かすと、彼も画面の向こうで自分の手を上下に動かし、自分のモノを摩っているのが見えた。

イメージ動画(完全無料、登録不要です♪)


【0円でスグ視聴】官能動画15万本以上♪ テレビCMでお馴染みのDMM
>スマホで見る場合はこちらをクリック!