【エッチ小説】一人なのに、されているようなキモチ。~大学生チャットレディ。(4話)

【エッチ小説】チャットレディの、彼女。

 ――視られている。
 カメラの方に視線を投げかけると、彼の視線を直接感じるかのようだった。

 露わになった下着。誰にも、……見られたことなんて、無いのに。

「……可愛いよ」
「ゃだ……」
「肌、白いね」
「あんまり……見ないで……、」
「そのまま、揉んで見せて」

 下着の上から、自分の胸にそっと手を触れる。
 下の方からきゅっと持ち上げると、胸の谷間が深くなった。

「んっ、」

 自然と、声が漏れる。
 視られている――。
 そう思うだけで、いつもはこのくらいじゃあ全然気持ちよくなんてなれないのに、

「……っは……ぁ、」

 COSMATE 04 るみ

 息が、乱れそうになる。
 私は思わず、片手で胸を揉んだまま、もう片方の手を下着の留め具に伸ばし……、

 ――た、瞬間、

「まだ、外していいなんて言ってないだろ?」

 パソコンの向こうから、彼がめっ、と叱りつけてくるようだった。
 私の指先も、反射的に、ぴたり、と止まる。

「ほら、ちゃんと、揉んで見せて」
「……んっ、」
「どうしたの?……息、乱れてきてるよ?」

 再び両手で胸を揉んでいると、両足が自然と、すりすりと縺れ合ってゆく。
 知らない内に力の入ってしまう両足を、気づくたびにリラックスさせるのだけれど、

「はぁっ……はっ、」

 また力が入って、リラックス。その繰り返し。
 何度意識しても身体から力が、抜けない――。

「さっき、君は、」
「ん……っ」
「ブラジャー、外して、どうするつもりだったの?」
「ひぁっ」

 「お兄ちゃんて呼んでもいいですか?」妻の妹がこっそり僕を誘惑…寝取り女子校生 葉山美空

 訊かないで、そんなこと。
 言おうとした声が、知らず小さな喘ぎ声に変わる。

「言って?」
「ぃ……あぁ……っ、」
「言わないと続き、させて、あげないから」
「っ……めぇっ」
「じゃあ、言って?」

 意地悪な、彼。
 でも、恥ずかしくて、そんなこと言えるはずがない。
 言えるはずが……、

イメージ動画(完全無料、登録不要です♪)


【0円でスグ視聴】官能動画15万本以上♪ テレビCMでお馴染みのDMM
>スマホで見る場合はこちらをクリック!