【エッチ小説】僕と親友の、元彼女スワッピング。あらすじ

 僕にベッドの上でバックから突かれ甘く喘いでいるのは、学生時代の恋人。
 親友に抱かれて恍惚と喘いでいるのが、今の恋人。
 久しぶりの同窓会。
 僕と親友、僕と今カノ、僕と元カノは、結構奇妙な関係になってしまっていたみたいで――。
 親友の元カノが今カノで、親友の今カノが元カノ。
 豪快な親友に今カノが羞恥な抱かれ方をするのを見ながら、自分は元カノとあの頃の懐かしいセックス。
 ちょっと背徳的だけど、お互いに見せつけ合って興奮するのを止められない……。
 気の知れすぎた仲間同士のスワッピング4Pを描く官能小説です。

 今、思えば。  ――当時の僕達は、まだ、若かったのだ。 「っは、はぁっ、はうっ、あっ…… ...

 僕の今カノと、僕の親友のセックス。言い換えれば、僕の今カノと彼女の元カレとの、激しい、セ ...

 その瞬間、僕の腕の中で、元カノが甘い声を漏らした。  快楽に打ちふるわされた、少し呂律の ...

「ほら、見られてるぞ。良かったな」  今カノが、僕じゃない男のアソコを美味しそうにしゃぶっ ...

 ――信じられなかった。  僕からしてみると彼女は、普段はあんなにもおしとやかな女性、の、 ...

おねだり, キス, 挿入, 膣責め, 言いなり, 言葉責め

「どうしたい?」  もう一度、問いかけられて。 「……たい、です、」 「聞こえない」 「せ ...

イく

「もっとぉ……み、てぇっ!」 「ああ……見てるぜ」  パンパンッ!  身体と身体が激しくぶ ...