【エッチ小説】またイっちゃった…プロポーズと彼の精液を受け入れ、幸せなひと時~仕事帰りのCAの、彼女。(14話)

【エッチ小説】仕事帰りのCAの、彼女。

 腰のリズムに合わせて、たっぷり揺れる胸の頂を、軽く摘まんであげる。
 その瞬間、

「ひゃぅうっ!」

 甲高い、声が上がった。
 その瞬間。
 ぎゅううっ……と。
 根本から、力いっぱい締め上げられる。

 僕はその誘いに逆らうことなく、再び彼女の中に精を解き放った。

【エッチ小説】仕事帰りのCAの、彼女。(14話)

「ひあぁっんっ、んっ、あっつ――ん」

 ドクドク脈打つ度に、彼女の膣が、まだ足りない、と言わんばかりに、身体の奥へと飲みこんで行く。
 締め付けられる度に、もう終わりだと思っても、まだ射精が終わらない。

 吸い上げられてゆく。最後の、一滴まで――。

 犯されたCA 被虐の美人キャビンアテンダント 吉沢明歩 動画を見る

「っは……あんっ、」

 とさっ、と。力無く。
 やがて貪欲に全てを飲みつくした彼女が、僕の胸の上に倒れこんでくる。
 はぁはぁと熱い吐息が、僕の耳元をくすぐる。

「ば……か、ぁ」

 辛うじて聞き取れる言葉に微笑み返し、彼女の頭を撫でてやる。
 前髪の先から汗が滴ってきて、僕の頬を濡らしてゆく。

 今まで何度も、身体を重ね合ってきたけれど。
 初めて中に射すことができて、彼女の中まで僕のモノにできたのは今日が初めてだったから。

「結婚、」

 いつもとは違う満足感に満たされて、彼女を強く抱きしめた。
 ――暖かい。

「今度こそ、約束だからね」
「……うん――、」

 か細い声が、嬉しかった。

 最後のキスを忘れない 動画を見る
 
 身じろぎをすると、コプゥっ……と二人の繋ぎ目から、僕と彼女の混ざり合った愛液のこぼれてくる音がした。
 恥ずかしがる彼女を逃がすまいとしてもっと強く抱きしめ、もう一度彼女の中に僕自身を押し込んだ。

「ゃぁ……だぁっ、」
「もう少しこのままでいようよ」

 少しでも長く、繋がっていたかったから。
 それに――、

「せっかくたっぷり注いであげたんだから、こぼしちゃったら、勿体ないでしょ?」

 もうっ! と顔を背ける彼女が、愛おしくてたまらなかった。

【エッチ漫画も♪】鏡の前へ連れ出され、秘所を…

スーツを着た悪魔
【無料立ち読み】スーツを着た悪魔
「お前自分がどんだけエロいか見てみろよ」……体の隅々までエロく開発されちゃう!