【エッチ小説】自ら腰を振って彼のペニスを一番奥で感じて、震えが止まらない…~仕事帰りのCAの、彼女。(13話)

【エッチ小説】仕事帰りのCAの、彼女。

「……よくできました」

 彼女の腰を押さえつけていた手を、今度は僕の方に向かって思い切り押し込んであげた。
 すると彼女の膣の奥が、一気に僕の男根で突き上げられて、

「ひぁやあああああんっ!」

 彼女の抱きつく力が、強くなる。
 中に出して! だなんて。
 快楽に負けて、そんな言葉を口走ってしまった彼女が、あまりにも愛おしすぎて、

 大空の匂い VOL.24 動画を見る

「愛してるよ」

 頭を抱き寄せ、耳元で囁いた。

【エッチ小説】仕事帰りのCAの、彼女。(13話)

 その瞬間、ぞくぞくっ、と彼女の僕を締め上げる力が強くなる。
 何度も何度も、彼女の奥を突き上げる。
 締め付けがあまりにもキツすぎて、こんなに濡れているのに、ぬちゃ、ぬちゃとゆっくり動く。

「っはぁんっ!」

 びくんっ!
 と彼女の身が跳ね上がった。
 彼女は最奥まで僕のソレを飲み込むと、そのままぐるぐると腰を回し始める。
 先っぽが、膣の一番奥で擦れて、ぬるぬる暖かかった。

 一気に僕も、高みまで押しやられる――。

「イくぅっ! イくのぉ!」

 Face to Face 動画を見る

 僕は動くのを止め、彼女の成すがままにされる。
 腰がスイングする度に、彼女の大きな胸がたっぷりと揺れていた。
 乳首の先っぽが僕の丁度肩の所を擦る。固く尖っているのが、よく、わかる。

「だ、めぇ!」 

 きゅっ、きゅっ、と。
 ただでさえキツかった膣が、リズムよく収縮を始める。
 僕の男根もそのリズムに合わせて締め上げられて、その度に息が止まるかのようだった。

「キちゃう――っ!」

 それはまるで、僕がこれから解放つものを飲み干そうとするかのようで。
 くっ、と。
 僕も我慢できずに、うめき声をあげてしまう。

 彼女の腰の動きが、より激しくなっていく。

【エッチ漫画も♪】航空自衛隊の花形パイロット2人組に……

ドS軍服-俺に服従しろ-
【無料立ち読み】ドS軍服-俺に服従しろ-
「お前を汚したくてたまらない……」「M」として開発されていくカラダ……男達の理性を奪う淫らな「声」。