【エッチ小説】イジワルしないで――もう一度中に精子が欲しいと、子種をオネダリ~仕事帰りのCAの、彼女。(12話)

【エッチ小説】仕事帰りのCAの、彼女。

 僕のペニスをアソコに咥えこんだままで、身体を上下させながら、

「すきっ! すきぃっ、な、のぉっ!」

 次第に叫び声を大きくしながら、彼女がぎゅっと手を強く握り返してくる。
 その手に、彼女の体重がかかる。
 前かがみになった彼女の、快楽に身をゆだねる表情が目の前にあって――たまらなかった。

【エッチ小説】仕事帰りのCAの、彼女。(12話)

 キスを交わす。
 喘ぎ声の合間に、最初は啄むようなキスだったのが、次第に彼女の声すら飲みこむように、深いものに変わってゆく。

「んっ、んくっ! んっ……!」

 舌を絡める水音と、二人のアソコの湿り気を帯びた音が激しくなる。

 生々しい接吻を何度も繰り返す密着セックス 動画を見る

 彼女が身を上下させる度、僕の男根は彼女の一番奥にあたって、包まれているようで気持ちよかった。

 ――もう一度、中に、出してあげたい。

 そんな欲望が僕を支配する。

「っはぁっ! あっ、あんっ! ひぁっ!」

 唇を離し、精一杯息を吸い込むと、彼女は一際高く声を上げた。
 僕は一切動いていないのだから、彼女自身が止めたいと思えば、すぐに止められるセックスなのに。

「もう一度、中に出して、いい?」

 わざと、問いかける。
 彼女の懇願するような瞳が、僕に向けられる。

「ら、めぇっ!」
「ダメ? じゃあ、もう抜いちゃうよ?」

 痴女CAの淫語中出しセックス 結城みさ 動画を見る

 言って、彼女から両手を離し、その手で腰の動きを押さえつける。
 丁度一番浅い所で動きが止まる。
 彼女が腰を下ろしてこようとするけれど、それは、許さない。

 さあ早く、うん、と一言、言うだけで良いのだから。

 僕自身のアソコだって、今にも出してしまいそうなほど、ビクビクしているのが自分でもよくわかる。
 だから、さあ、……早く、

「いいの? 抜いちゃって?」

 更に意地悪をする。
 すると彼女は今にも泣きだしそうな目で、震える唇で、僕の胸に倒れこんできた。
 顔を隠すようにして、ぎゅっと僕の両肩に抱きつきながら、一言、叫ぶ。

「出してぇっ! 中っ、中に、出してぇっ!」

【エッチ漫画も♪】「俺と婚約しろ」と迫られて……?!

偽恋フライト
【無料立ち読み】偽恋フライト
初恋相手でパイロットの彼。偽物の婚約者を演じるはずだったのに、押し倒されてキスされそうになったり、優しくされたり……どうして?