【エッチ小説】お掃除フェラでトロン、としながら、イき足りなくて、腰を振ってオネダリ~仕事帰りのCAの、彼女。(11話)

【エッチ小説】仕事帰りのCAの、彼女。

 彼女は何の抵抗もせずに、恍惚と、すぐにソレを手に取ると、大きく開いた口で奥まで咥えこんだ。
 まるで甘い飴玉を舐めるかのように、時折喉が、美味しそうに音を立てて唾液を飲みこんでゆく。

 彼女のアソコから、やはり入りきらなかった分の精液が、彼女の愛液と混ざって太腿を下ってゆく。
 僕は彼女の頭をぐっと抑え込み、更に口の奥までソレを咥えさせた。

 別顔キャビンアテンダント 麻生希 動画を見る

 鏡に映る彼女の全身は、僕と彼女自身の体液でぬらぬらと輝いていた。

【エッチ小説】仕事帰りのCAの、彼女。(11話)

 貪欲に僕のソレにしゃぶりつき、秘部からは精液と体液を垂れ流しにする姿は、

「……君、本当にヘンタイだよ」

 CA。理知的な職業。
 しわ一つない制服に身を包み、流暢な英語で国内外問わずお客様に安全で快適な空の旅をサービスする。
 今の彼女には、その清楚でしゃんとした姿の面影はみじんも無かった。

 自ら男根をオネダリし、自ら腰を振って快楽を貪る。
 ――ああ、こんな姿は、本当に、

「僕以外の誰にも、見せられないなぁ」

 ちゅばちゅばっ、と音が鳴る。
 僕の男根は、否が応でも彼女の唇の中で大きくなってゆく。
 味わうように舌をちろちろ出し、先の方を刺激されて、僕は思わず身じろいだ。

「っく、」
「っは、んっ……んくっ……はぁ、んっ、」

 舌先でつつかれていたいた場所に、今度は軽くキスをされる。
 彼女はひとしきり、僕のソレを大きく固くさせると、

「もっ……いっ、かい……っ、」

 The SEX 17 動画を見る

 消え入りそうな声で言い、僕のペニスの上に跨ってきた。
 僕は抵抗するわけでもなく、彼女の行為を受け入れる。

 僕はまるで、そのまま押し倒されるかのように、愛液と精液でぐしょぐしょに濡れたカーペットの上に身を横たえた。
 その上では既に、彼女が自分の身を上下に飛び跳ねさせている。

 手を、握ってくる。

「っあっ! あ……はぁっ、んっ、…きぃっ!」

 僕は成すがままにされて、ただ、彼女の小さな手を少し強く握り返した。
 じゅぶじゅぶと水音が早くなる。
 快楽に顔を歪めた彼女が、苦しい息の合間で叫ぶ。

「すきぃっ! すきっ! あっ、ぃや……あっ! だ……い、すきっぃっ!」

【エッチ漫画も♪】「もっと腰を振ってみろ、機長命令だ」

機長、ベルトをお閉めください★空飛ぶ野獣と極上フライト
【無料立ち読み】機長、ベルトをお閉めください★空飛ぶ野獣と極上フライト
機長の唇に口を塞がれ、操縦桿を握る手が、私の身体をいやらしく滑って昂ぶらせる……!