【官能小説】院内恋愛、看護婦の彼女。軽薄で手の早い先生と白衣のナース。(1話)

 ――3時になったら、そこに書いてある病室に、行ってくれるかい?  先生(ドクター)に、呼び出されたのは、お昼休みの終わった後だった。  またヘマでもしちゃったんじゃないか? と少しおっかなびっくり先生のお部屋に行ってみ … 続きを読む 【官能小説】院内恋愛、看護婦の彼女。軽薄で手の早い先生と白衣のナース。(1話)

【官能小説】クスコで広げて犯される、女性のあそこ。~院内恋愛、看護婦の彼女。(2話)

「ちょっ、ばか、ぁ、んっ?! はあっ、はっ……うっぅ」  突き抜ける快楽に、息を飲む私。  先生が、指先で私の奥をまさぐるリズムに合わせて、意識が薄らいでゆく。  ノリのきいた、真っ白な、シーツ。  軋むベッドの、音。 … 続きを読む 【官能小説】クスコで広げて犯される、女性のあそこ。~院内恋愛、看護婦の彼女。(2話)

【官能小説】僕は君との、子どもが欲しい~院内恋愛、看護婦の彼女。(8話)

「ああっ! あんっ! あぁ――ひゃぅっ!」  その途端、アナルをローターに犯されるリズムと、愛液を吸われるリズムに合わせて、卑猥な声が私の口から溢れ出す。  ――もう、自分じゃそんな声、止められなくなってしまっていて。 … 続きを読む 【官能小説】僕は君との、子どもが欲しい~院内恋愛、看護婦の彼女。(8話)

【官能小説】奥に子種を押し込まれる、彼女~院内恋愛、看護婦の彼女。(10話)

 どくんっ! と、先生のモノが、私の奥で弾ける。  でも、それだけじゃあ止まらなくて、もう一度ドクンっ! と弾け飛ぶ。 「……っは――、」  もう一度私の中に解き放つと、先生は、ほぅ……っと身体の奥から一息を吐いて、まだ … 続きを読む 【官能小説】奥に子種を押し込まれる、彼女~院内恋愛、看護婦の彼女。(10話)

【官能小説】エッチなオネダリを強いられて、オナニーをしながら…~大学生チャットレディ。(12話)

 欲しい、って。  奪ってやるよ、と求められて。  意識が薄らいでしまうほどで、 「パンツ、ぐっしょりだね。それならもう、準備は……できてるね?」  くちゃくちゃ、ぐちゃぐちゃ。  クリトリスにも愛液を塗りつけると、先っ … 続きを読む 【官能小説】エッチなオネダリを強いられて、オナニーをしながら…~大学生チャットレディ。(12話)



↑無料官能コミックのページはこちら