【官能小説】あそこを見せられながら挿入、滴る愛液~聖夜と媚薬と、彼女。(3話)

「そろそろこっちも、イかせてほしいんだけどなぁ」 「ぁっ――んっ!」  熱くて固いモノが、あそこにあてがわれたのがわかった。  にちゅにちゅと、入り口の辺りで、私の奥に繋がる場所を探る音が聞こえてくる。  でも、あそこの … 続きを読む 【官能小説】あそこを見せられながら挿入、滴る愛液~聖夜と媚薬と、彼女。(3話)

【官能小説】今カノのセックスを見せられ、欲情する彼~僕と親友の、元彼女スワッピング(6話)

「どうしたい?」  もう一度、問いかけられて。 「……たい、です、」 「聞こえない」 「せ――、」  涙声で、今カノが叫んだ。 「セッ、クス、したいっ……のぉっ!」 「じゃあ、お望み通り、挿れてやるよ」  親友が、僕の彼 … 続きを読む 【官能小説】今カノのセックスを見せられ、欲情する彼~僕と親友の、元彼女スワッピング(6話)

【官能小説】初めての青姦で、潮を吹くほど興奮する彼女。~院内恋愛、看護婦の彼女。(22話)

 愛してる――。  それは、魔法のコトバ、だと思う。柄にも無く、そう思う。  特に、先生と付き合うようになってからは、強く、そう思う。  だって、そう言われるだけで……、 「せ……ん、せいっ! あぁ……っ!」  理性が、 … 続きを読む 【官能小説】初めての青姦で、潮を吹くほど興奮する彼女。~院内恋愛、看護婦の彼女。(22話)

【官能小説】Gスポットを責められて、イキながら激しいのをオネダリ~院内恋愛、看護婦の彼女。(24話)

 好きなの――。  説明なんてできない。理由なんてわからない。ただただ、求めてしまう。ただただ、欲しいと思ってしまう。  だから、先生に求められるのが嬉しくて。  欲しい、と思ってもらえることが嬉しくて。  好きだ、愛し … 続きを読む 【官能小説】Gスポットを責められて、イキながら激しいのをオネダリ~院内恋愛、看護婦の彼女。(24話)

【官能小説】赤ちゃんのできるところに、精液をオネダリ~院内恋愛、看護婦の彼女。(25話)

「こんなところでイきたいの? 君、やっぱりヘンタイだね?」  囁かれて、耳を、舐められる。  その生暖かさに、私の全身がびくんっ! と飛び跳ねた。 「可愛いよ」  ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ! と、先生がリズムを落として、で … 続きを読む 【官能小説】赤ちゃんのできるところに、精液をオネダリ~院内恋愛、看護婦の彼女。(25話)



↑無料官能コミックのページはこちら