【官能小説】先生のモノは、二人の味がする~院内恋愛、看護婦の彼女。(7話)

 奥まで先生に貫かれ、後ろの穴も奥までスティックローターに貫かれる――。  それは、私にいまだかつてない快感をもたらしていた。  何も言えなくなってしまって、白いシーツを両手で掴んだまま、声を殺して喘ぎ続ける。  空気を … 続きを読む 【官能小説】先生のモノは、二人の味がする~院内恋愛、看護婦の彼女。(7話)

【官能小説】バイブを喉の奥まで咥え込んで、涙ぐんじゃうくらい苦しくて……~大学生チャットレディ。(9話)

「っ……なかなか……上手いじゃないか……」  垂れた唾液を慌てて吸い上げると、じゅるじゅるっ……とエッチな音がする。  バイブの柔らかな弾力。反り立ったカタチ。  きっと本当のエッチって、フェラチオって、こんな感じなんだ … 続きを読む 【官能小説】バイブを喉の奥まで咥え込んで、涙ぐんじゃうくらい苦しくて……~大学生チャットレディ。(9話)

【官能小説】処女喪失まで、あと……。両足をM字に開いて……~大学生チャットレディ。(11話)

 ウィン……ッ。  バイブがどこかで、淡々と動く音が頭を支配する。  その音に交じって、彼がまるで私を見下すような、呆れたような声で、 「処女のくせに、バイブをフェラチオしただけでイクなんて、やっぱり君、いつも一人でオナ … 続きを読む 【官能小説】処女喪失まで、あと……。両足をM字に開いて……~大学生チャットレディ。(11話)

【官能小説】エッチなオネダリを強いられて、オナニーをしながら…~大学生チャットレディ。(12話)

 欲しい、って。  奪ってやるよ、と求められて。  意識が薄らいでしまうほどで、 「パンツ、ぐっしょりだね。それならもう、準備は……できてるね?」  くちゃくちゃ、ぐちゃぐちゃ。  クリトリスにも愛液を塗りつけると、先っ … 続きを読む 【官能小説】エッチなオネダリを強いられて、オナニーをしながら…~大学生チャットレディ。(12話)



↑無料官能コミックのページはこちら