【官能小説】女性のあそこの奥まで、ローターで貫かれて……~院内恋愛、看護婦の彼女。(4話)

 バイブが金属の淵に触れて、カチカチッ……と鈍い金属音を響かせる。私の中に奥深く喰い込んだクスコの振動に高ぶられるかのように、私の息も次第に上がってゆく。  ……こんな、昼下がりに。こんな、子供達の遊ぶ時間に。こんなこと … 続きを読む 【官能小説】女性のあそこの奥まで、ローターで貫かれて……~院内恋愛、看護婦の彼女。(4話)

【官能小説】僕は君との、子どもが欲しい~院内恋愛、看護婦の彼女。(8話)

「ああっ! あんっ! あぁ――ひゃぅっ!」  その途端、アナルをローターに犯されるリズムと、愛液を吸われるリズムに合わせて、卑猥な声が私の口から溢れ出す。  ――もう、自分じゃそんな声、止められなくなってしまっていて。 … 続きを読む 【官能小説】僕は君との、子どもが欲しい~院内恋愛、看護婦の彼女。(8話)

【官能小説】ゆっくりラブラブ、極上ラブタイム~聖夜と媚薬と、彼女。(5話)

 ……身体が、だるい。  思い返せば、  ――こんなに激しいエッチ、すごく、……久しぶりだったような気がする。  息が熱い。  胸の鼓動が、落ち着かない。   「いつもより、感じてたでしょ?」 「ば……かぁ、」 「こっち … 続きを読む 【官能小説】ゆっくりラブラブ、極上ラブタイム~聖夜と媚薬と、彼女。(5話)

【官能小説】下着の中が、愛液と精液でドロドロ~院内恋愛、看護婦の彼女。(21話)

「あーあ、ローターも抜け落ちちゃって……」  四つん這いのような姿勢になった私の下着を、先生がスルスルと器用に脱がせていく。  自分の愛液と彼の精液とでぐちゃぐちゃになったアソコが外気にさらされて、息を飲む。  でも、よ … 続きを読む 【官能小説】下着の中が、愛液と精液でドロドロ~院内恋愛、看護婦の彼女。(21話)

【官能小説】言葉責めされて、愛しているよと囁かれて……~院内恋愛、看護婦の彼女。(23話)

「きっと、元気で可愛いナースだなぁって思われているんだろうねぇ、君は。まさか、こんなトコロで男とセックスするようなみだらな娘だなんて、欠片ほども思っていないんだろうねぇ、彼は」 「イくぅっ! イクのぉっ……! あっ!」 … 続きを読む 【官能小説】言葉責めされて、愛しているよと囁かれて……~院内恋愛、看護婦の彼女。(23話)

narusekunnoana
usotsuki