【官能小説】自ら足を開いて、求める快楽エロゲ好きアイドルの、彼女。(7話)



 快楽のあまりにか、まるで失神してしまったかのように体に力が入らない彼女を片手で抱き上げた僕は、彼女の背をヘッドボードによりかけて、座らせてやった。
 まるで人形であるかのように力を失い、ストッキングで拘束されたままの両腕は前にして、両足を伸ばしたまま座らされた彼女の両足の間からは、僕の手に握るコントローラーへ繋がる、コードが伸びている。

「……感じてるんだ? 前の穴に、アナルに入れる玩具を入れたまま、さ」

 そこからは、とめどなく愛液が流れ出していて、ベッドのシーツのシミを大きくしてゆく。
 先ほど自分自身で吹いた潮が、既にスカートを汚してしまったことにも、きっと気づいていない彼女。

 彼女の姉貴とイケナイ関係 Rio

 普段なら、服が汚れる! と怒っているトコロ、の、はずなのに。

 乱れた服装のまま、肩を上下するその姿を真正面から眺めていると、

「着たままのセックスも、いいかもな」

 いつもと違うシチュエーションにか、不思議と興奮が、抑えられなくなる。……歯止めが、効かなくなりそうだった。

「さあ、ほら、……ぼっと、してないで」

 一気に。
 僕は手にしていたバイブのコントローラーを、引っ張った。
 瞬間、

「きゃうっ!」

 悲鳴のような声と共に、パールの数だけ僕の手に軽い抵抗が伝わってきた。そうして最後に、バイブという小さな機械のついた塊が、彼女の中からずるり、と引き出される。

 シーツの上に濡れた跡を広げながら、音を立てて、バイブが暴れていた。

「足を、広げて」
「……ぇ…、」
「聞こえなかったの? 両足を、大きく、開いて見せて」

 バイブの先端を、既に熟した彼女のクリトリスへと、当ててやる。
 びくっ、と大きく震えた彼女の太ももを軽く叩き、足を開くことを催促する。

「いや――、」
「嫌なの?……じゃあ、ヤメる?」

 恥ずかしそうに顔を背けた彼女に、さも名残惜しくもないような演技で、言い放ってやる。
 バイブを放す。
 途端、

「っぃやぁ……」

 恥ずかしそうに、じりじりと、少し泣きそうな瞳で、両足を広げてゆく。
 僕は糸を引くバイブを彼女に見せつけながら、

「それじゃあ、ダメだ。もっと、開いて」
「……っ、」

 無垢なコスプレイヤー中出し性教育 ガーディアン・ミストレス 俺様を護れ! コラボコスプレ編 みほの

 さすがアイドルの彼女は、体が柔らかい。ほぼ180度くらいに両足が開き切った時、僕は再び、彼女の熟れた場所にバイブをあてがった。
 閉じようとする足を僕の開いている方の手と身体で静止して、

「ここ、欲しいだろ?」
「……んっ」
「聞こえないよ?」

 クリトリスから秘部へと、バイブを伝わせる。

イメージ動画(完全無料、登録不要です♪)


【0円でスグ視聴】官能動画15万本以上♪ テレビCMでお馴染みのDMM
>スマホで見る場合はこちらをクリック!

 怪しいサイトやウイルスとはもう無縁。
 ノンアダルト作品の配信でも有名な、大手企業による正規のアダルト動画配信サービスです。



シルクラボ-女性専用アダルト動画へ

【女性向けAV】あま~い、女性専用のアダルト動画だけをピックアップ!

 恋愛ドラマ風、いちゃいちゃラブラブ、かっこいいエロメンと甘いエッチ……女性の妄想が形になったアダルトビデオ、ひっそり大人気です♪

レディコミ風NLSバナー

【アダルト体験談】イッた快感が10倍に? 大人のおもちゃ&エッチ体験談♪

 固さは? サイズは? 挿入感は?……アダルトグッズのリアルな体験談をたっぷり掲載!

【無料立ち読み】エッチな漫画がスマホでもPCでも読み放題♪

 「いいから俺の言うことを、聞け」ドSドクターとのエッチな恋愛コミックもアプリ不要で無料立ち読み♪

使った人がキレイを感じています!anan掲載ラブグッズ

 雑誌に掲載された優しくて可愛いラブグッズ。女性による女性のためのアダルトグッズ特集♪