【官能小説】前と後ろの両穴をいっぺんに責められたら――。~院内恋愛、看護婦の彼女。(6話)

 ――意識が、急速に遠のいていく。  両足を大きく開き、体の真ん中で深く繋がったまま、 「あっ、あっ、あっ!」  揺さぶられ、揺さぶる。私は自分の重心を、彼のモノで支えているようだった。  くちゅっ、くちゅとリズムよく水 … 続きを読む 【官能小説】前と後ろの両穴をいっぺんに責められたら――。~院内恋愛、看護婦の彼女。(6話)

【官能小説】先生のモノは、二人の味がする~院内恋愛、看護婦の彼女。(7話)

 奥まで先生に貫かれ、後ろの穴も奥までスティックローターに貫かれる――。  それは、私にいまだかつてない快感をもたらしていた。  何も言えなくなってしまって、白いシーツを両手で掴んだまま、声を殺して喘ぎ続ける。  空気を … 続きを読む 【官能小説】先生のモノは、二人の味がする~院内恋愛、看護婦の彼女。(7話)

【官能小説】僕は君との、子どもが欲しい~院内恋愛、看護婦の彼女。(8話)

「ああっ! あんっ! あぁ――ひゃぅっ!」  その途端、アナルをローターに犯されるリズムと、愛液を吸われるリズムに合わせて、卑猥な声が私の口から溢れ出す。  ――もう、自分じゃそんな声、止められなくなってしまっていて。 … 続きを読む 【官能小説】僕は君との、子どもが欲しい~院内恋愛、看護婦の彼女。(8話)

【官能小説】精液を飲みたそうにヒクつく、キミのアソコ~院内恋愛、看護婦の彼女。(9話)

 一番奥に挿入されたままで、円を描くように腰を動かしてくる、先生。  奥の方の入り口に、先生のモノがグリグリと当たって、 「っ……はぁ……っ」  固く閉ざされたそこを、まるで、押し広げられてしまいそう。  激しく突かれて … 続きを読む 【官能小説】精液を飲みたそうにヒクつく、キミのアソコ~院内恋愛、看護婦の彼女。(9話)

【官能小説】奥に子種を押し込まれる、彼女~院内恋愛、看護婦の彼女。(10話)

 どくんっ! と、先生のモノが、私の奥で弾ける。  でも、それだけじゃあ止まらなくて、もう一度ドクンっ! と弾け飛ぶ。 「……っは――、」  もう一度私の中に解き放つと、先生は、ほぅ……っと身体の奥から一息を吐いて、まだ … 続きを読む 【官能小説】奥に子種を押し込まれる、彼女~院内恋愛、看護婦の彼女。(10話)



↑無料官能コミックのページはこちら