【官能小説】後ろの穴で、始めて震える快楽~エロゲ好きアイドルの、彼女。(6話)

 固くした舌先でコリコリと乳首に吸い付きながら、片手で彼女の入り口を撫でる。  バイブを深く受け入れて、ひくつく入り口をそっと撫でながら、 「君も、君でさ」  僕はイジワルを言う、 「沢山のファンのオトコに、本当は犯され … 続きを読む 【官能小説】後ろの穴で、始めて震える快楽~エロゲ好きアイドルの、彼女。(6話)

【官能小説】自ら足を開いて、求める快楽エロゲ好きアイドルの、彼女。(7話)

 快楽のあまりにか、まるで失神してしまったかのように体に力が入らない彼女を片手で抱き上げた僕は、彼女の背をヘッドボードによりかけて、座らせてやった。  まるで人形であるかのように力を失い、ストッキングで拘束されたままの両 … 続きを読む 【官能小説】自ら足を開いて、求める快楽エロゲ好きアイドルの、彼女。(7話)

【官能小説】初めて受け入れる、アナルへの異物~エロゲ好きアイドルの、彼女。(8話)

 敏感になってしまった所にバイブを当てられ、ぴくっ、ぴくっ――と時折身体を震わせる彼女。 「あ――つぅい……っ!」 「違うだろ? ちゃんと、言って」 「あっつ……ぃの……ぉっ!」 「言わないと、本当に止めちゃうよ?」   … 続きを読む 【官能小説】初めて受け入れる、アナルへの異物~エロゲ好きアイドルの、彼女。(8話)

【官能小説】エロゲのテキストを読み上げる、淫乱アイドル~エロゲ好きアイドルの、彼女。(9話)

 彼女のアナルに、最後の一粒まで、丁寧にパールを押し込んでゆく。 「……っは――、」  最後の一粒を受け入れる頃には、彼女はアナルの奥から与えられているバイブの振動に、どうやら快楽を感じているようだった。  先ほどまでの … 続きを読む 【官能小説】エロゲのテキストを読み上げる、淫乱アイドル~エロゲ好きアイドルの、彼女。(9話)

【官能小説】ついには欲しいと、自ら叫ぶアイドル~エロゲ好きアイドルの、彼女。(10話)

 僕に後ろから貫かれたまま、彼女はとろん、とした目で、パソコンに表示されたエロゲのテキストを追っている。   「排泄、肛……がっ、今にも裂けそうでぇっ……ぁっ、……だめっ!」  抜けそうなギリギリの所まで引き、入り口のあ … 続きを読む 【官能小説】ついには欲しいと、自ら叫ぶアイドル~エロゲ好きアイドルの、彼女。(10話)



↑無料官能コミックのページはこちら