【官能小説】愛液を垂らしながら、止めなられない指オナニー~大学生チャットレディ。(6話)

「あ……はぁっ……んっ!」 「気持ちいいかい?」 「気持ち、っ、いいっ! よぉっ!」 「どんどん、足が開いてるもんなぁ。……ねえ、濡れてるの?」 「うんっ、……ぬれっ、てるぅっ!」  自分自身でも信じられないような言葉が … 続きを読む 【官能小説】愛液を垂らしながら、止めなられない指オナニー~大学生チャットレディ。(6話)

【官能小説】ライブチャットで、ひとりイっちゃう彼女~大学生チャットレディ。(7話)

 開き切った両足が、ぴんっ、と張るのがわかった。その瞬間、お腹の奥からじんじんと甘く痺れが昇ってきて、 「あぁあああっあっ、あっ――!」  ぞくぞくっ、と、開いた喉から声が溢れてきて、隣の部屋の人に聞こえちゃうのかも知れ … 続きを読む 【官能小説】ライブチャットで、ひとりイっちゃう彼女~大学生チャットレディ。(7話)

【官能小説】はじめての、バイブフェラ~大学生チャットレディ。(8話)

 彼に命令されるがままに、バイブに、手を伸ばす。 「こっちを向いて、ベッドに座ってご覧」  まだ息も整わないまま、ウェブカメラの方を向いてベッドサイドに腰かける。 「バイブの先っぽを、舐めて」 「えっ……?」 「ほら、ち … 続きを読む 【官能小説】はじめての、バイブフェラ~大学生チャットレディ。(8話)

【官能小説】バイブを喉の奥まで咥え込んで、涙ぐんじゃうくらい苦しくて……~大学生チャットレディ。(9話)

「っ……なかなか……上手いじゃないか……」  垂れた唾液を慌てて吸い上げると、じゅるじゅるっ……とエッチな音がする。  バイブの柔らかな弾力。反り立ったカタチ。  きっと本当のエッチって、フェラチオって、こんな感じなんだ … 続きを読む 【官能小説】バイブを喉の奥まで咥え込んで、涙ぐんじゃうくらい苦しくて……~大学生チャットレディ。(9話)

【官能小説】バイブフェラだけでイッちゃう! 彼の目の前で絶頂してしまって……~大学生チャットレディ。(10話)

「そんなに美味しいの? 僕の、おちんちん……」  彼の息も、ハァハァと小刻みに熱くなっているのがわかる。  まるで本当に吐息を耳元に掛けられているかのようで、……彼が本当に、目の前にいるかのようで、 「ほら、答えるんだ… … 続きを読む 【官能小説】バイブフェラだけでイッちゃう! 彼の目の前で絶頂してしまって……~大学生チャットレディ。(10話)



↑無料官能コミックのページはこちら